上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、

本業のアパレル事業でもそうですが、基本自分の好みのものは扱いません。

と書きましたが、その詳しい説明をします。



本業のアパレルですが、卸先も基本ネットで販売するため対象が日本全国のお客さんになります。

最初は自分の好みのものを中心に買い付けしていたのですが、販売履歴などの情報を集めたところ、
絶対売れると思って大量に買い付けた商品が売れ残っていたり、逆にピンクやオレンジのセーターなど絶対売れ残ると思った商品が即完売したりと予想を裏切られることが多々。

そこで途中からは自分の好みではなく、過去の販売履歴やそのシーズンに流行っているものを中心に買い付けするようにしました。


もしロングランで長く細く販売をするのであればある一定のコンセプトを持って商品を揃えるべきですが、ネット販売のように品揃えを増やせば売り上げも増えてしまう商売形態では出来るだけ自分のシュミを抑えて、売れる商品を揃えてくべきです。

(最近はお客さんをファン化させることが長く続けるコツと言われてますが、これだけみんながネットで物を買うようになるとある程度はバラエティに富んだ品揃えば必要です^^;)




最近よく立ち上げているエアビーの内装も基本どなたかのパクリです。

すでにエアビー内にあるものを参考にしたり、ネットでコーディネート例をそのまま真似したり、
外国人受けするだろうなと思う内装を選んでそのまま真似る。
あまり考えないようにしています。

時間の節約もありますが、経験上、シーツの柄や小物など自分のセンスで選んでしまうと部屋が出来上がったときどこかちぐはぐになるので他の方のセンスを信じて丸ごと真似します笑



皆さんも時々あるかもしれませんが、良くリフォーム済の部屋を見てどうしてこうなった?って思う間取りや壁紙、設備を取り入れてる部屋を見たことありませんか?
僕はそうなりたくないんです笑


学生向けの内装をおじいちゃんが考えればかなりセンスがずれてしまいますし、若い女性向けのアパートを男性がデザインすると微妙な感じになってしまいます。(女の子のあの細かなセンスは男性にはなかなか把握できないですよね^^;)


今物件2号をシェアハウス化してますが、ヴィンテージをコンセプトとし、あとはネットで画像検索して良さそうな雰囲気の色合いものを探し、そのままリフォームに活かしています。



文章能力が異常に低いので分かりずらかったかもですが、こういう考えで内装を考えてるという記事でした。




スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。